ラムのみがあれば酒が飲める

ポケモンのあることないこと適当に書き連ねていきます

第一回スタ丼杯優勝構築ミラクルゼブライカ

f:id:ace_uec_poke:20160520014618p:plain

友人たちと身内で行われたスタ丼杯なるものが行われ、そこで見事優勝したので記事にしました。まあ、優勝しなくても書く気満々でしたが……

因みにスタ丼杯はミラクル交換によって導かれた6匹のパートナーとともにスタ丼をおごってもらうために優勝を目指すといった旨の大会です。なお、他の参加者がミラクル交換で回ってきたポケモンを事前に知った上で戦うので一種のメタゲームですね。

それで気になる私のパートナーはというと……

f:id:ace_uec_poke:20160520005421j:plain

こんな感じです。他の三人のパートナーはというと

ゾロア/スバメ/ホエルコ/タマザラシ/アノプス/ジグザグマ

ヤヤコマ/カゲボウズ/フラベベ/タツベイ/ケムッソ/アメモース

チュリネ/ネイティオ/ヒトツキ/ゴニョニョ/キバニア/バタフリー

では、ガンメタを張った個々の紹介へ(実数値記録前に個体流してしまったので実数値は載せません)

マッスグマ@オレンの実

守る/砂かけ/泥遊び/忘れた

出すつもりなかったので特に無し()

フーディン@襷

サイコキネシス/マジカルシャイン/電磁波/金縛り

CS極振り。一人目と二人目の構築に出した。せっかく唯一メガシンカできるからしたかったけど、まったく刺さってなかったため断念。超技の通りがいい点やマンダのストッパーとして適任だと思い襷での採用。一人目の構築は基本的にゾロアーク警戒でシャインから入ればシャイン+サイキネでほぼ処理可能だと考えた。そこそこ活躍した。因みに特性は精神力()。

アイアント@きょうせいギプス

噛み砕く/シザークロス/馬鹿力/ハサミギロチン

HA極振り。三人目の構築に出した。持ち物についてだが、ギルガルドが重すぎてお話にならなかったのでガルドの下を取って噛み砕くで処理しようと考えた。幸か不幸か性格が勇敢だったのでSが下がるデメリットはそこまで感じないと思った。実際は眼鏡バクオングに爆音波を打たれて瀕死になり、裏から出てきたガルドの剣舞の起点にされて負けた。因みに特性は虫の知らせ()。

ゼブライカ@拘り眼鏡

10万ボルト/ボルトチェンジ/オーバーヒート/寝言

CS極振り。この構築のエース。勿論、全試合選出。こいつがいなかったら優勝はできなかった。唯一の孵化余り個体。他の3人の6体を見てもらえればわかると思うがめちゃくちゃ電気の通りがよく、下手したら眼鏡10万を打ってるだけで試合が終わるまであると思った。眼鏡なのはどうせ10万かボルチェンしか打たないから。しかし、思ったほど火力が無くおかげで(?)眼鏡であることがばれなかったりした。アドなのかはわからない。二人目との対戦で10万急所でジュペッタを葬り去った神。

ダイノーズ@シュカの実

パワージェム/電磁波/電磁浮遊/ステルスロック

HB極振り。一人目、二人目の構築に選出。この二人の構築は特に電気の一貫がすごかったため、ステロさえ撒ければこいつの仕事は終わりと考えていた。しかし、マンダに隙を見せたくなかったのでマンダに隙を見せずにステロを撒くことに特化した。マンダに対して地震をシュカで耐えて電磁波→電磁浮遊をしてからステロを撒き、パワージェムで削る流れを想定していた。冷凍パンチをなぜか覚えるが、アローへの打点にもなるのでパワージェム。しかし、マンダを出されなかったのでこいつの技は本格的にステロだけでよかった。因みに特性は磁力()

クロバット@黒いヘドロ

悪の波動/怪しい光/身代わり/追い風

CS極振り。三人目の構築に出した。こいつもギルガルドへの解答として考えていた。ガルドに対して身代わりから入り、怪しい光の自傷と悪波で削ってくれって願ってた。現実はというとバクオングの爆ry。

 

結果は二勝一敗の残ポケで優勝という感じだった。二勝一敗が三人いたのには驚いたが、無事優勝しその日の夕食代が浮いたのでアドでしかない。今回の対戦ですごく面白かったのは、ホエルオーに化けたゾロアークがけたぐりをしてきたときのモーションと、ゾロアークの存在が頭から消えていたためにすごく焦ったこと。しかもダイノーズがそのけたぐりを割と余裕を持って耐えていたので余計に笑えた。

因みに次回のスタ丼杯はミラクル交換の個体でトリプルバトルをすることになったので、このポケモンたちと別れを告げて新しいパートナーを手に入れました。もしもこの子達があなたの手に渡ったのであれば、大切にしてあげてください()

シーズン終わった直後だというのにこんなクソ記事挙げてすみませんでした(反省はしていない)。この試合前にグル厨に持って行った構築が後輩に二連敗するという事件が起こったため今シーズンこそはレート2000超えてPCLに出たいと思います。